大阪で労働災害にお困りの方、労災に強い弁護士をお探しなら労働災害解決.com

労働災害補償に強い弁護士集団 和氣綜合が選ばれる理由は、労働災害解決事例多数、着手金0円、弁護士費用成功報酬型で経済的負担軽減

労働災害[労災]最新事例

転落事例

戸建て住宅の外壁工事中に転落 死亡

新築の戸建て住宅で外壁塗装工事中に転落した。元請け会社が道路使用許可を取れなかったことを理由に、転落防止柵もない、簡素な足場しか用意しなかったために今回の事故が発生したことは明らかでした。

その他事例

会社と示談後に損害賠償請求 3000万円の賠償金を獲得

鉄棒が右手首に落下してきたというもの。

その他事例

工場内で作業中、金属部品が眼に直撃。調整機能障害等が残存

依頼者は、工場内で金属部品の加工等に従事していました。事故当日、特殊な機械を利用して金属部品を清掃中、金属部品の一部が眼に直撃し、眼の調整機能障害等が残存しました。

転落事例

マンション外壁修繕工事中に転落 死亡

マンションの大規模改修工事において、足場での作業中に転落。目撃者がいなかったために転落原因などは不明。

転落事例

足場解体工事中に転落 脊髄損傷

足場解体作業について、元請け会社から指定されていた先行手すり枠を使わず、かつ転落防止柵も適当に解体していくなどずさんなものであった。安全帯の使用も義務付けられていなかった。被害者が休憩のため解体中の足場から降りようとしたところ、転落防止柵が外されていたところから転落し、脊髄損傷により四肢麻痺となった。

労働災害解決事例をもっとみる

News&お知らせ

労働災害News&お知らせ一覧へ