戸建て住宅の外壁工事中に転落 死亡

転落事例

戸建て住宅の外壁工事中に転落 死亡

  • 男性 30歳
  • 業種:建設作業員
  • ケガの状況:頭部外傷のため死亡
  • 解決までの期間:2年
事故内容:
新築の戸建て住宅で外壁塗装工事中に転落した。元請け会社が道路使用許可を取れなかったことを理由に、転落防止柵もない、簡素な足場しか用意しなかったために今回の事故が発生したことは明らかでした。
解決までのアプローチ:
元請け会社が危険極まりない足場を設置したことが原因で、今回の転落事故が発生したことは明らかであったが、賠償責任を否定していたために裁判を起こすことにした。裁判所は、元請け会社に重大な責任があることを指摘して、相当な賠償を行うよう求める。最終的に元請け会社も責任を認めて、5000万円の賠償金を支払うことで和解。

弁護士介入後の後遺障害等級

死亡の為、後遺障害等級なし

損害賠償金額

  • 労災保険の想定支給額
    1000万円獲得
  • 介入後の支払い賠償額合計
    5000万円獲得